JRRCマガジン第39号(カラオケ法理とその文脈(1)、包括許諾と独禁法)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   JRRCマガジン
                       2015/10/8配信 第39号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆INDEX◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*半田正夫の著作権の泉        第27回   「カラオケ法理とその文脈(1)」
*JRRC☆TIMES             「JRRCなうでしょ」
*山本隆司弁護士の著作権談義   第35回    「包括許諾と独禁法」 
*読者の声                 読者の声の投稿と掲載
*インフォメーション            ご意見・ご要望、各種手続きetc

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

皆様、こんにちは。
JRRCメルマガ担当です。

朝夕ずいぶんと涼しくなりましたね。
気づけば、2015年も残すところとなりました。
今年は例年にも増していろいろありました。
自然災害、企業の不正問題、安保法案をめぐる国会前のデモ。。。
年のせいか思い出せなくなってきている今日この頃です。

2015年乗り切るべく、皆様の健康とご多幸を祈りつつ、
メルマガ第39号をお届けいたします。

※各連載記事は下記URLよりご覧頂けます。

http://www.jrrc.or.jp/topics/detail/20151001095818.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   半田正夫の著作権の泉 第27回
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★「半田正夫の著作権の泉」の連載第27回目です。
 

    ▼半田正夫の経歴、著作物等
     ⇒ http://www.jrrc.or.jp/jrrc/message.html

   
第27回は、「カラオケ法理とその文脈(1)」です。

昭和63年の「クラブ・キャッツアイ事件」の最高裁判決で採用された「カラオケ法理」。
その影響と課題について、2回にわたって半田先生からお話しいただいています。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   JRRC☆TIMES
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

☆★☆JRRCなうでしょ☆★☆

事務局長より、
日本複製権センター(JRRC)の最近の活動について報告いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   山本隆司弁護士の著作権談義  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★「山本隆司弁護士の著作権談義」の連載第35回目です。

    ▼山本弁護士の経歴、著作物等
     ⇒ http://www.itlaw.jp/yamamoto.html

第35回は、「包括許諾と独禁法」です。

2015年4月28日 「JASRACの包括許諾は他事業者の参入を著しく困難にしている」
とした最高裁判決について、山本先生による解説です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   読者の声
            『読者の声』の投稿と紹介
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

このコーナーは、「JRRCマガジン」が皆さんにとって便利な、役に立つ情報収集ツール
としてご活用していただけるよう、ご意見・ご感想をお寄せいただき、その中から選出し
てご紹介するコーナーです。
                              
★メルマガへのご意見・ご感想をお待ちしています(*^_^*)

★投稿先はこちら↓↓↓
https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofoco-4c31de2478a11854bae2604a361ea26e

掲載された方には粗品を進呈いたします。
なお記事として掲載する場合は、事前にご連絡しご了解を頂くように致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   インフォメーション
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※ご了解ください
 このメルマガは等倍フォントで作成していますので、MSPゴシックのようなプロポーシ
ョナルフォントで表示すると改行の位置が不揃いになります。

※このメルマガにお心あたりがない場合は、お手数ですが、文末のお問い合せ窓口ま
 でご連絡下さいますようお願いいたします。

※メルマガ配信の停止をご希望の方は下記の「配信停止」からお手続き下さい。

※JRRCマガジンを、お知り合いの方、同僚の方などに是非ご紹介下さい。
 下記の「読者登録」からお手続き頂けます。

■各種手続き
  ├ 読者登録  
  | https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofsfn-7d3cae9f41a39fd12329bb7d1810716d  
  ├ 配信停止
  | https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofogr-f24b073f7fe3b1b59f0963e9cf0179d2 
  └ ご意見・ご要望など
    https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofmjl-24d6432d923fce555c895cdfe4e84fd9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   あとがき

先日 以前話題となった「サルの自撮り」についての記事を見かけた。
アメリカの或る動物愛護団体が、サルが自撮りした写真の著作権はサルにあるとして
サンフランシスコの連邦裁判所に訴訟を提起した、とのこと。

当時のアメリカ著作権局は「動植物は権利主体になり得ない」と表明していたらしい。

また、
以前JRRCマガジンでもご紹介した「サルと著作権」(著:半田正夫、JRRCマガジン第28号)
にも記載があるように、権利能力を有するのは自然人たる人間に限られている。

さて、当の’自撮りサル’ そんなこと知るはずもないであろう・・・(A.U)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問合せ窓口
   公益社団法人日本複製権センター(JRRC)
     ホームページの「お問合せ」ページからアクセスしてください。
       ⇒ http://www.jrrc.or.jp/inquiry/

■編集責任者
   JRRC副理事長 瀬尾 太一   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

PAGE TOP