オーファンワークス事業を解説いたします。

著作権者が分からない本を

コピーして使いたいけど

自分で裁定申請するのって

なんか難しそう…

著作権者不明者の著作物(オーファンワークス)は、文化庁長官の裁定を受けることで、利用できるようになります。

オーファンワークス

実証事業に

応募しよう!

申請された著作物はネット上に公示して権利者を探します。権利者の申出がない場合、実行委員会が裁定申請手続きを行います。

受付から約1カ月で手続きが完了。
供託金相当額のお支払い後、著作物のご利用が可能となります。

著作権者不明の場合の裁定制度~みつからないときの詩~

※文部科学省公式チャンネル「mextchannel」より