オーファンワークスについて

著作物等は、原則、著作権者から許諾を得なければ第三者は利用することはできない。
許諾を得ようにも著作権者が不明、連絡が取れないような著作物のことをオーファンワークスと呼ぶ。孤児作品ともいう。

現在、オーファンワークスについて、世界的にその権利処理が大きな問題となってきている。
これはデジタル時代にネット上で流通させるための許諾すら得ることができず、ナショナルアーカイブなどの施策を行うために大きな障害となっている。

また、この問題についてはEUにおいては統一して対応するべく進捗しており、アメリカにおいてもオーファンワークス対応策が検討されつつある。

権利処理の実態

  • 著作者の死後、権利処理がどのように運用されているのかについては、実態としてかなり権利所在の確定が難しい状況にある。これは相続法による遺産相続によって、財産権である著作権が分散されることによる事が大きい。
  • 通常、相続する著作権が大きな経済的な価値を生むと思えない場合、遺産の分割協議に著作権が明記されることはまれである。一般的なひな形では、その他条項があり、特定の相続者が継承するか、または都度協議などの規定があるが、著作権継承者の明記がないために、著作権者である自覚がない場合も多い。
    特段の継承財産がない場合は、分割協議すら書面で行われないために、通常の遺産分割によって、複数の権利者に分割されていると考えられる。
    また、たとえ著作権継承者として名乗りを上げても、分割協議書などの裏付けがなく、法的にそれが正しいのかどうかは曖昧なままとなっている場合が多い。
  • このような状況が数世代続いた場合には、権利者は分割を繰り返して複数化し、実質的に許諾を得ることは困難となっている。

文化庁長官の裁定制度

相当の努力を払って著作権者を捜索しても、その著作物の権利者と連絡することができない場合、文化庁長官の裁定を受け、かつ、文化庁長官が定める額の補償金を権利者のために供託し、裁定に係る利用方法により、その著作物を利用することができる。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/chosakukensha_fumei/