裁定利用申請 受付要項

申込み受付は終了しました。

対象とする利用

著作権者不明の著作物で、軽微かつ大量を主とした利用。ただし著作者人格権に抵触する利用は 裁定の申請はできません。

利用例

  • 著作権者不明の図書館所蔵資料をWEBで公開
  • 過去問題集作成等、試験で出題された英文等の2次利用
  • 報告書・同人誌等の復刻にあたって一部の著作権者不明のため復刻できないときの権利処理

など

裁定申請手続き

実行委員会が裁定申請手続きを行いますので、利用者の方は、裁定申請に関する手続きは不要です。

費用

  • 申請手数料、公示費用
    裁定申請には手数料と公示費用が発生しますが、今回は実証事業のため実行委員会が負担します。
  • 補償金
    裁定を受けて、その著作物を利用するには補償金が必要です。
    補償金相当額は利用者の負担になります。

受付期間

著作権理者の捜索、裁定申請等に時間を要するため、申込み受付は平成29113日までとします。

同意事項

  • 著作者人格権に抵触する利用については裁定申請できません。
  • 実証事業のため、お申込みいただいても 裁定申請の対象にならない場合があります。
  • 本事業は文化庁の委託を受けた実証事業です。事業の成果報告の参考とするため、裁定申請後にも別途アンケートへの回答をお願いいたしますので、ご協力をお願いいたします。
  • 個人情報の取り扱いについて
    ご登録頂きました個人情報は今回の実証事業に利用するものであり、外部への情報開示や譲渡、他の目的のための利用は一切致しません。