公益社団法人(JRRC)は文化庁長官の登録を受け、著作物の複写等に関する権利を集中管理している公益社団法人です。

著作権法における罰則

著作権法における罰則規定

著作権の侵害は「犯罪行為」にあたり、権利者が「告訴」を行うことを前提とした罰則規定があります

著作者に無断でコピー・販売したり、インターネットで送信した場合などは、「著作者の権利」や「著作隣接権」の侵害となります(著作権法第119条以下)。
ただし、許諾なく使える場合には、無断で利用しても著作権侵害にはなりません。
(参照:複製権とは>著作権法で定められた例外

(1)法人に対する罰則例

  • 最高3億円以下の罰金。

(2)個人に対する罰則例

  • 最高10年以下の懲役又は、1,000万円以下の罰金、またはこれを併科。
  • 私的利用であっても違法サイトであることを知りながらダウンロードしデジタル録音・録画を行った場合は、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金または併科。(平成24年度法改正)

詳しい内容は、文化庁HPでご確認ください。
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/outline.html新しいウィンドウを開きます

TEL 03-3401-2382

ページTOPへ
Copyright © 公益社団法人日本複製権センター All Rights Reserved.