JRRCマガジン第108号(同一性保持権)

山本隆司

━━━━━━━━━━━━━━━━━
JRRCマガジン No.108  2017/8/4
━━━━━━━━━━━━━━━━━

風に乗って届く風鈴の音に涼を感じる今日この頃ですが、
皆さまいかがお過ごしですか?

さて、今回の山本隆司弁護士のコラムは、「同一性保持権」。
近年、その解釈を巡って多くの議論がなされています。
山本先生の見解をお話しいただきました。

◆◇◆山本隆司弁護士の著作権談義━━━━━━━━

第57回「同一性保持権」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 今回は、著作者人格権の中でも、なにかと問題のある「同一性保持権」につ
いてお話ししたいと思います。日本法の「同一性保持権」は、原則としておよそ
著作者の意に反する改変すべてを禁止する権利(20条1項)であることに特
徴があります。
 同一性保持権が著作者の意に反する改変を禁止する権利であるという点は、
国際的に見ても特徴的です。ベルヌ条約は同一性保持権を保護していますが、
広く意に反する改変を禁止する権利ではなく、著作者の名誉・声望を害するお
それのある改変を禁止する権利としています(6条の2第1項)。イギリス著作
権法(80条)やアメリカ著作権法(106A条(a)(2))も、同一性保持権を著作者
の名誉・声望を害するおそれのある改変を禁止する権利としています。他方、
フランス法は、同一性保持権を日本法と同じように(日本法がフランス法をモ
デルにしたためか)、著作者の同意のないすべての改変を禁止する権利とし
ています(121の5条3項)。なお、ドイツ著作権法は、著作物に対する正当な
精神的または人格的な利益を危うくする改変を禁止する権利としています(14
条)。
 しかし、私には、同一性保持権を著作者の意に反する改変を禁止する権利
と構成することは、賢明な立法政策とは思えません。というのは、意に反する
改変を禁止する権利であれば、改変への同意を求めるに過ぎません。したが
って、著作者が翻案権を譲渡または使用許諾した場合には、改変への同意
を行ったことになるので、同一性保持権は翻案権に埋没してしまい、独自の機
能を持たないことになります。
同一性保持権が翻案権から独立して機能するのは、著作者と著作権者が
原始的に別々である場合、すなわち映画の著作物の場合です。映画の著作
物の場合には、映画の著作者は映画監督で、映画の著作権者は映画製作者
です。映画製作者が翻案権を譲渡しても、著作者である監督が改変に同意し
たことを意味しないので、翻案権の譲受人による改変を映画監督が禁止する
ことができるのです。しかし、そもそも翻案も同一性保持権も改変に対する禁
止権であって対象とする行為はほとんど同じなのですから、そもそも別の権利
とする実益には疑問があります。
なお、作品にいたずら程度の改変を加えた場合には、翻案権は及ばず同一
性保持権のみが及びますが、同一性保持権を持ち出す必要性には疑問が残
ります(参考:駒込大観音事件・知財高裁平成22年3月25日判決)。
 他方、同一性保持権を著作者の名誉・声望を害するおそれのある改変を禁
止する権利と構成することは、翻案権とは違った保護利益が認められます。つ
まり、翻案自体は翻案権を保有または利用許諾を受けていれば行えますが、
改変が名誉・声望を害するおそれのある態様のものであれば同一性保持権
が働きます。この構成においては、翻案権と同一性保持権は、同じく改変を対
象にはしますが、目的も機能も異なる別個の権利として並存する合理性があ
ります。
 このことは、同一性保持権が、人格権として譲渡できない一身専属権である
点(59条)ともよくマッチします。意に反する改変を禁止する権利と構成した場
合、著作者が一旦同意した以上、その後「やはりいやだ」と言って同意を撤回
することは許されません。保護利益は、改変に対して著作者に判断権を与え
るというものなので、その同意の撤回を認めるほど強い人格的利益ではない
からです。しかし、名誉・声望を害するおそれのある改変を禁止する権利と構
成した場合、著作者が一旦同意しても、その後「やはりいやだ」と言って同意
を撤回することも、信義則違反に当たる場合を除いては、許されると思われま
す。著作者の同意があっても、その名誉・声望を害するという結果(被害利益)
は残ったままだからです。
 なお、日本の著作権法では、名誉・声望を害する改変を禁止する権利とする
構成が、実演家の同一性保持権(90条の3)ではとられています。

━┯━━━━━━━┯━━
┌┴───────┴┐
│インフォメーション   │
└─────────┘            
■読者の声
 『読者の声』の投稿と紹介
 「JRRCマガジン」が皆さんにとって便利な、役に立つ情報収集ツールと
 してご活用していただけるよう、ご意見・ご感想をお寄せいただき、その中
 から選出してご紹介いたします。

           ♪メルマガへのご意見・ご感想をお待ちしています。♪

★投稿先はこちら↓↓↓
https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofoco-4c31de2478a11854bae2604a361ea26e

★掲載された方には粗品を進呈!
 記事として掲載する場合は、事前にご連絡しご了解を頂くように致します。

■各種お手続き
 【読者登録】  
  https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofsfn-7d3cae9f41a39fd12329bb7d1810716d  
 【配信停止】
  https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofogr-f24b073f7fe3b1b59f0963e9cf0179d2 
 【ご意見・ご要望など】
  https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljsi-ofmjl-24d6432d923fce555c895cdfe4e84fd9

※ご了解ください
 このメルマガは等倍フォントで作成していますので、MSPゴシック
 プロポーショナルフォントで表示すると改行の位置が不揃いになります。
※このメルマガにお心あたりがない場合は、お手数ですが、文末のお問
 い合せ窓口までご連絡下さいますようお願いいたします。
※メルマガ配信の停止をご希望の方は下記の「配信停止」からお手続き
下さい。
※JRRCマガジンを、お知り合いの方、同僚の方などに是非ご紹介下さ
 い。下記の「読者登録」からお手続き頂けます。

★☆★JRRCマガジンバックナンバーはこちら
   ⇒http://www.jrrc.or.jp/ 
 「JRRCマガジンバックナンバー」よりご覧いただけます。

━┯━━━━━━┯━━
┌┴──────┴┐
│お問い合わせ窓口│
└────────┘            
公益社団法人日本複製権センター(JRRC)
     http://www.jrrc.or.jp/inquiry/
   編集責任者 JRRC副理事長 瀬尾 太一

関連記事

  1. 山本隆司
  2. 山本隆司
  3. 山本隆司
  4. 山本隆司
  5. 山本隆司
  6. 山本隆司
PAGE TOP